アプリを作成後、他のアプリやブログへの導線を作りたくなるかもしれない。

そんな時、手っ取り早く導線を作れそうなAssetsがEasy Adsだ。
http://u3d.as/content/lemo-dev/easy-ads/2B3
↑何故かリンクとして登録できなかった。

スクリーンショット 2012-04-20 0.53.39


【デモ】

■Easy Adsの使い方

使い方は簡単。
Adコンポーネントを適当なオブジェクトに貼り付け、以下の項目を設定するだけ

・Link
・Icon(テクスチャ)
・座標

スクリーンショット 2012-04-20 0.57.21


アプリ同士の導線は、導線の確保が難しいアプリで重要なファクター。

この手の手法は試しておきたい。


フォローボタン